足立力也へいわ本舗
ADACHI RIKIYA HEIWA HONPO
 
コスタリカピースツアー
全て見る
トップ お仕事 スケジュール コスタリカツアー 平和学セミナー コスタリカコラム 2004年参院選のHP

へいわをつくる国、コスタリカ

→INDEXに戻る
2.コスタリカの「へいわをつくる」政治
 さて、先週の続き。
  コスタリカに見られる「へいわをつくる」具体例を挙げてみましょう。

  コスタリカでは、4年に1度、国政選挙があります。そこで大統領も国会  議員もいっぺんに選ぶわけなんですが、これがもう文字通りのお祭り騒ぎ。
  政党の集会なんか、露天商は焼き鳥やら綿あめやらを売ってるわ、音楽がんがんならしてみんな踊りまくってるわ、そりゃもう大騒ぎさ、ってなもんです。
  そこで目に付くのは、子どもの多さ。大人たちは自分の子どもたちを集会に連れていくんですが、その理由がおもしろい。親たちは口をそろえて、「民主主義ってヤツを感じてもらうためさ」と言うんです。でも、ホンネは、「大きくなったら同じ政党を支持してくれよ」という、体のいい洗脳だったりもします(笑)。しかし、しっかり教育を受けた子どもたちは、自分たちの考えに基づいてちゃーんと政治に関わってます。
  あるお父さんに話を聞いたら、「私と妻、9歳の長女と4歳の次女は支持する候補が違う」って言うんですよ。そのお父さん曰く「それが民主主義ってもんだろ?」いやはや、お説ごもっとも。


「演説する女の子」
  それだけじゃありません。政党の集会では、子どもが演説までやるんです。
  ある政党の集会では、6歳くらいの女の子が、15万人の聴衆を相手に演説をぶってました。曰く、「サンホセ(首都)では、ビルも車も多くて、公園とか森とかが少ないです。私たちが遊ぶ場所がなくなっています。私たちが安全に遊ぶ場所をもっと作ってください!」
  これにはもう、まいりましたの一言です。

  投票日の投票所にも、子どもたちがたくさん集まります。むしろ、大人より多いくらいです。
  彼らは、車で来た投票者を駐車場に案内し、介助が必要な人を投票箱のある場所まで連れていきます。でも、子どもたちの目的は、そこで支給される弁当やジュース、大音量で流れる音楽、そして仲間たち。食べたり飲んだり踊ったりしながら、子どものころから「政治」に慣れ親しむというわけです。

  平和の重要な要素のひとつに、「楽しむ」ということがあります。
  平和な世の中を作るために、平和に選挙をする。それは、争いを起こさないということではなく、楽しく選挙をするということ。
  そうすることで、みんなで世の中をつくり、社会をつくっていく。
  これが本当の「コスタリカ方式」です。

  私たちも、楽しい「お祭り選挙」をやりたいと思っています。みなさんも、楽しく選挙ってみません? (^^)

(text by 足立力也)


TOP→次へ

「緑の思想」詳細

HOMEお仕事コスタリカツアーキューバツアー平和学セミナーコスタリカコラム2004年参院選時のHP

足立力也へいわ本舗
お問合せ

Copyright (C) 2007-2015 Adachi Rikiya Heiwa Hompo All Rights Reserved
「平和ってなんだろう」購入 「平和ってなに」岩波ページ 「丸腰国家」購入 「緑の思想」購入 「平和をつくる教育」購入 「平和をつくる教育」岩波ページ